先進三次元研究会とは

 三次元に興味のある方を対象に事例発表・情報交換の場を企画運営している任意団体です。三次元に興味のある方、どなたも歓迎をモットーに活動しております。専門職、学生、一般の方など幅広い分野の方が当会に参加し、スキルアップされています。日本のどこかで開催する、年に一度の例会をメイン行事としておりますが、随時要望が盛り上がれば、都度勉強会も開催しています。どうぞお気軽に「先進三次元研究会(3Dファン倶楽部)」の活動にご参加ください。

先進三次元研究会 世話人 池田裕美


先進三次元研究会(3Dファン倶楽部)会則

(名称)
第1条 本会は、先進三次元研究会と称する。
 
(目的)
第2条 本会は先進的な三次元およびプレゼンテーション技術の分野にたずさわる研究者、実務者等による研究成果・実践事例の発表と相互交流を通じて、情報技術のより一層の発展に資することを目的とする。
 
(事業)
第3条 本会は、次の事業を行う。
 (1) 研究会及び研究成果報告会
 (2) 会員相互の研究交流活動
 (3) その他本会の目的達成に必要な事業
 
(会員)
第4条 本会は、次に掲げる者をもって組織する。
 (1) 三次元およびプレゼンテーション技術に興味のある方
 (2) 三次元およびプレゼンテーション技術に関する研究者
 (3) 三次元およびプレゼンテーション技術を実践されている実務者
 
(入会手続)
第5条 本会ホームページの入会案内フォームにて所定の手続きを行ってください。
 
(役員)
第6条 本会に次の役員を置く。
     会長 1名
     幹事 若干名
 
(会長)
第7条 会長は幹事会において選任され、本会を代表し、会務を総理する。
 
(運営)
第8条 本会の事務局は、香川県丸亀市田村町1114-6に置く。
 
(その他)
第9条 本会の事業の執行に必要な細則は、幹事会が別に定める。